FC2ブログ
-
-

社員に●●させることが経営者の仕事





★今日のフレーズ:

プロの勉強法」(プレジデント社)より


『社員に挑戦させることが
経営者の仕事と知った』

(p150)



★解説:

 単にビジネスの世界だけを見ても、
 大ヒットする商品・サービスというのは、
「それまでニーズはあったが、
 誰も実現できなかったもの」が大多数です。

 それはイコール、
 誰もが並べ立てる「できない理由」に迎合せず、
 すべてブレイクスルーし、またそれに挑んだ証。

 組織でも個人でも、成長や躍進を期すときには、
 この「できない理由」が無数に出てきます。
 それこそ、自他あらゆる場所から。

 その現象こそが、挑む価値がある何よりの理由。

 子に対しての親、教え子に対しての教育者、
 部下に対しての上司――等にとってはもちろん。

「株式会社自分」を経営する自分自身にとっても、
 何かを意図的に企て、進取するよう仕向ける。
 それが人生を通じて最重要な、
 仕事の一つといって過言ではないのでしょう。



★今日の「ちょい足し」サプリ:

 実現可能性を論じる資格は実行する奴にだけある。



今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ





★今日の一冊:

プロの勉強法 (PRESIDENT BOOKS)

プレジデント編集部 プレジデント社 2006-05-26
by ヨメレバ


よい本をありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ : 大切なこと
ジャンル : ライフ

●●●●●を奪う社員をのさばらせない





★今日のフレーズ:

レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則」(本田直之幻冬舎)より


『元インテルCEOのアンディ・グローブも、
「社員に会社の備品を盗ませないのと同様に、同僚の時間を奪ってもなんとも思わないような社員をのさばらせてはいけない」
 と述べています』

(p186)



★解説:

 そういえば、近々地元の銀行が、
 両替手数料の値上げを発表しました。
 少枚数で無料だったのを撤廃するとのこと。
 
 賛否両論は承知の上で、私は支持します。
 
 これまで、数百円の手数料惜しさに、
 両替機で何度も処理を繰り返しては、
 後ろを延々待たせる人をよく見かけました。

 あるいは、後ろを待たせない代わりに、
 一度両替するたび列に並び直しては、
 途方もない時間を費やす人も。
 
 他人のか自分のかの違いはありますが、
 いずれもケチさゆえに時間を奪い去る、
「時間泥棒」が、確実に減るのが理由です。
 
「時は金なり」とはいいますが、
 お金は取り戻せても、時間は取り戻せません。
 
 自分の時間をムダにするだけなら、
 自由意志でもあるのでまだマシですが、
 他人の時間をムダにしてばかりな人は、
 到底周囲からの信用は得られません。

「上客立帰り、中客日帰り、下客泊りがけ」
 とは、言い得て妙な例えなのです。




★今日の「ちょい足し」サプリ:

 時間もエネルギーと同じ、と思って聴いて。



今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ





★今日の一冊:

レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書)

本田直之 幻冬舎 2007-05
by ヨメレバ


よい本をありがとうございます。

テーマ : 仕事のヒント☆
ジャンル : 就職・お仕事

検索フォーム
 
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
PR
あの『メルぞう』の
発行者登録が
期間限定無料!


since20131216
メルマガ配信中!
今日のフレーズが
メールで届きます。
登録&配信無料!!
↓↓↓

メルマガ登録・解除
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
最新コメント
QRコード
QR
プロフィール

せらつか

Author:せらつか

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: