-
-

●●が悪ければ、入社した時点で「いい会社」ではなくなる





★今日のフレーズ:

あの世に聞いた、この世の仕組み」(雲黒斎サンマーク出版)より


自分が悪ければ
(「いい」とは何かを
 知らなければ)、
どんなに「いい会社」に
入っても、入社した時点で
その会社は「いい会社」
ではなくなってしまう。』

(p134)



★解説:

 「いい会社」や「いい学校」の「いい」とは、
 そもそも、何をもって「いい」なのでしょう。

 福利厚生の手厚さ。就職・進学先の実績。
 勤務時間の短さや自由度。ネームバリュー。
 基準は、様々に挙げることはできます。
 
 しかしいずれも、大前提があります。
 そこにいる従業員が能力を惜しまず働き、
 学生なら勉学と研鑽の先で社会の役に立ち、
 そうして先人の足跡を評した結果として、
 「いい」会社や学校と呼ばれているだけ。

 無論その維持には、継続的な努力を、
 他よりも高いレベルで要求されます。
 
 その根本を忘れ、「いい」に胡座をかけば、
 やがては「いい」を汚染していくか、
 「いい」の方から排斥されるかの二択です。 

 ――逆に言えば。
 「いい」を創造していく人こそが優遇され、
 人生も豊かにしていくのは、当然ですね。



★今日の「ちょい足し」サプリ:

 おんぶに抱っこでいられる時代じゃない。



今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ





★今日の一冊:
あの世に聞いた、この世の仕組み

雲黒斎 サンマーク出版 2010-03-19
by ヨメレバ

よい本をありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ : 仕事のヒント☆
ジャンル : 就職・お仕事

●●を見つければ、問題の半分は解決する





★今日のフレーズ:

佐藤可士和の超整理術」(佐藤可士和日本経済新聞出版社)より


課題を見つければ、
問題の半分は解決する』

(p56)



★解説:

 たとえばスポーツでも、楽器演奏でも、
 勉学・趣味・仕事、何でも構いません。
 とにかく、中々上達できず、悩むとします。

 それでただひたすら手当たり次第、
 ガムシャラで練習・勉強するのもありです。
 ただ、あまり賢い方法とは言えません。 

 自分にはどこまで出来て、どこで躓くのか。
 何ができれば、ワンランク上にいけるのか。
 そのために最も効果的な学習法は何なのか。
 
 順序立てて考えていけば、必ず、
 今進むべき方向性が、見えてきます。

 あとは努めて進むか否か。
 少なくとも、ただ闇雲な時よりもずっと、
 大きな力を、推進力に集約できるのです。



★今日の「ちょい足し」サプリ:

 プラスがなければマイナスは起きません。



今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ





★今日の一冊:
佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫)

佐藤可士和 日本経済新聞出版社 2011-04-09
by ヨメレバ

よい本をありがとうございます。

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

検索フォーム
 
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
PR
あの『メルぞう』の
発行者登録が
期間限定無料!


since20131216
メルマガ配信中!
今日のフレーズが
メールで届きます。
登録&配信無料!!
↓↓↓

メルマガ登録・解除
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
最新コメント
QRコード
QR
プロフィール

せらつか

Author:せらつか

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: