-
-

●●●●を捨てることから視野が広がる





★今日のフレーズ:

佐藤可士和の超整理術」(佐藤可士和日本経済新聞出版社)より


思い込みを捨てることから、
視野が広がる』

(p129)



★解説:

 旅とは、新しい風景を見ることではない。
 新しい目を持つことである――
 マルセル・プルーストの至言です。

 どんなに新しい経験をしたところで、
 自らの価値観がアップデートされなければ、
 結局は、刹那の刺激と浪費に終わります。

 そういえば、こんな逸話があります。
 大都会に住む親が、自分たちの子どもに、
 自分たちがどれだけ豊かかを教えるため、
 “何もない”田舎にホームステイさせました。
 
 帰ってきた子どもに、親はこう尋ねました。
「どうだった? どれだけ裕福かわかった?」
 子どもは嬉しそうに頷き、答えたそうです。  

「うん、目に見える土地全部が皆のもので、
 畑や川や野山からも食べ物がとれるもの。 
 お金はないし不便かもしれないけれど、
 それでも田舎はすっごく豊かだった!」



★今日の「ちょい足し」サプリ:

 丸ごと飲み込む捉え方は、愚かなようで強い。




今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ





★今日の一冊:
佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫)

佐藤可士和 日本経済新聞出版社 2011-04-09
by ヨメレバ

よい本をありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

連戦連勝とは、●●●ことをやっていないということ





★今日のフレーズ:

カンブリア宮殿 村上龍の質問術」(村上龍日本経済新聞出版社)より


『実は連戦連勝というのは、自分たちが新しいことをやっていないということであり、失敗した原因を分析していないということなんです。』
(p119)



★解説:

 「一勝九敗」といえば、
 ユニクロ社長・柳井正氏のベストセラー本。

 この題名が示すとおり、
 起業家を始めとしたビジネスの世界は、
 十のアイデアを世に送り出して、
 たった一つでも当たれば、大成功です。

 わずかでもヒット率を上げるには、
 「なぜ当たったか」以上に、
 「なぜ当たらなかったか」の分析が必要。

 分析し、アイデアを洗練し、作戦を修正し、
 時と場合に応じて取捨選択し、
 何パターンだろうと打ち出すのが不可欠。

 市場も嗜好も人情も、
 時代も常に移り変わる中で。
 時代の行く手を狙い撃ち、
 時代を創りたいなら。

 たとえ九九九の手が空振りだとしても、
 それが残り一つの手を届かせる力になる――
 そう信じることが、必要不可欠なのです。





★今日の「ちょい足し」サプリ:

 同じ事を続けてるから、同じ苦しみが来る。



今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ





★今日の一冊:

よい本をありがとうございます。

テーマ : 仕事のヒント☆
ジャンル : 就職・お仕事

一流に会いたいなら、●●●●で一流になる





★今日のフレーズ:

もう一度、仕事で会いたくなる人。 」(千田琢哉PHP研究所)より


『一流の人と
出会いたかったら、
別の分野
自分が一流になる。』

(p90)



★解説:

 宮本武蔵は、無敗の武芸者であるとともに、
 書画芸術の達人としても知られます。

 生まれつき両面での才能があった、
 と言えるかもしれません。

 が、それ以上に、武芸の先での悟りが、
 芸術にも共通して活かされた、
 と見るほうが自然ではないでしょうか。

 一芸は道に通ずる、との言葉通り、
 芸とはこの世の基本法則に基づくもの。
 一芸を極めた時、この法則(=道)を知り、
 その普遍の視座から、他の分野を眺めます。
 
 全く異なる分野の一流同士が、
 しばしば意気投合するのは、
 単に互いにリスペクトがあるのみならず、
 まさしくこの、共通する「道」を、
 悟っているからに他ならないからです。 



★今日の「ちょい足し」サプリ:

 道のたどり着くところは同じってこと。


今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ





★今日の一冊:
もう一度、仕事で会いたくなる人。 (PHP文庫)

千田琢哉 PHP研究所 2017-06-03
by ヨメレバ

よい本をありがとうございます。

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

仕事を●●●に仕上げる人は人望の貯金をしている





★今日のフレーズ:

もう一度、仕事で会いたくなる人。 」(千田琢哉PHP研究所)より



『仕事を前倒し
 仕上げる人は、
 人望の貯金をしている。』

(p86)



★解説:

 先んずれば人を制す、といいます。

「人を制す」とは、必ずしも、
「他人に勝つ」こととは限りません。

「この人は仕事が早い」
 と感謝感激されることはありますが、
「この人は仕事が遅い」
 と感謝感激されることはありません。

「この人に頼めば安心だ」―― 
そんな、まさに「信頼という人望」は、
「先んずれば」誰でも貯められるもの。

 すなわち「人を制す」とは、
 人に好かれ、頼られ、信じられ、
 惚れられる、魅力ある人間になる、
 という意味にもなるのです。



★今日の「ちょい足し」サプリ:

 先に始めれば先にゴールする。



今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ





★今日の一冊:
もう一度、仕事で会いたくなる人。 (PHP文庫)

千田琢哉 PHP研究所 2017-06-03
by ヨメレバ

よい本をありがとうございます。

テーマ : 仕事のヒント☆
ジャンル : 就職・お仕事

「なんのために」するのかの●●を見失わない





★今日のフレーズ:

人生を豊かにする「菜根譚」の言葉」(守屋洋PHP研究所 )より


『「なんのために
それをするのか。
原点を見失っては
ならない。』

(p112)



★解説:

 実のところ。
 「大金を稼ぎたい」「大富豪になりたい」
 が、事業を興す動機でもいいのです。

 ただ、継続して稼げる事業・商いは、
 もれなく人々のためになるオシゴト。

 つまり、商売というものが存在する、
 その本質の一つは、人の幸福のため。

 「財産を築きたい」個人の原点も。
 「人々を助けたい」事業の原点も。
 「豊かで幸せになりゆく」いう、
 この世そのものの原点に集束するのです。



★今日の「ちょい足し」サプリ:

 “特定の宗教”的な意味ではないので。


今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ





★今日の一冊:

よい本をありがとうございます。

テーマ : 仕事のヒント☆
ジャンル : 就職・お仕事

検索フォーム
 
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
PR
あの『メルぞう』の
発行者登録が
期間限定無料!


since20131216
メルマガ配信中!
今日のフレーズが
メールで届きます。
登録&配信無料!!
↓↓↓

メルマガ登録・解除
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
最新コメント
QRコード
QR
プロフィール

せらつか

Author:せらつか

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: