-
-

良寛は「私ほど●かな者はいない」と名乗った





「いいこと」がいっぱい起こる!老子の言葉」(植西聰三笠書房)より


『江戸時代の日本の
禅僧である良寛は、
自ら「大愚良寛」と
名乗っていました。

私ほど愚かな者はいない
という意味です。』

(p69)





他人を思い通りにしたいばかりの心には、


いつもニコニコ笑っている人が、愚かに映る。


そんな世間の了見を、その愚かな人は賢く解っている。







今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ


今日のフレーズについての詳細は、
こちらの「人生のサプリメント」シリーズへどうぞ。

メルマガ★【紅玉版】★
ブログ●【琥珀版】●


愚かに見えようとも、こんなに深い見抜きはない。





「いいこと」がいっぱい起こる!老子の言葉: ほっとする!道が開ける!「タオ」の智慧 (王様文庫)

植西聰 三笠書房 2013-07-29
by ヨメレバ


スポンサーサイト

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体


コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
 
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
PR
あの『メルぞう』の
発行者登録が
期間限定無料!


since20131216
メルマガ配信中!
今日のフレーズが
クイズで届きます。
登録&配信無料!!
↓↓↓

メルマガ登録・解除
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
最新コメント
QRコード
QR
プロフィール

せらつか

Author:せらつか

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: